生活習慣病予防対策にオリゴ糖を摂取

Pocket

生活習慣病は、食生活や運動、飲酒及び飲酒などの習慣により病気の発症や進行に関与する病の総称です。
もっと詳細に書くと高血圧・脂質異常症・糖尿病などが代表的な病気となっています。
そのため、生活習慣病予防は人間の健康維持のためには欠かせないものとなっています。

生活習慣病を予防する方法としては必要な栄養素や水分を摂っておき適度な運動と食事に気を遣うなど様々な方法がありますが、オリゴ糖の摂取も生活習慣病を防ぐ効果が高いことで知られています。
オリゴ糖は、母乳の成分におよそ1割弱ほど含まれています。

摂取することで便秘を解消させる効果や中性脂肪を低下させることができることで健康に良い成分として知られています。
オリゴ糖を摂取したあとオリゴ糖が腸の中までたどり着くと腸内にいる善玉菌がえさとして吸収することで健康に役立つ物質を多数発生させ腸内環境を整える作用があります。
善玉菌の力を強くすることで、悪玉菌の力を抑えることもできます。
基本的にはオリゴ糖は毎日摂取したほうが良いですが、ほかのココナッツオイルやヨーグルト、果物などを一緒に摂取することでより効果を強めることができます。
ただし、オリゴ糖は砂糖よりも甘みは控えめですので、あまり甘くないからといって過剰に摂取するとお腹がゆるくなることで下痢を発生させてしまいますのでこうした点には注意しておきます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP