包茎手術で早漏は治る?

Pocket

包茎手術をすると早漏が治るというのは昔からよく言われていることで、今まで皮を被っていた亀頭が表にさらされることで性交時の刺激に耐えられるようになります。
早漏防止にはパートナーの理解と協力が必須です
そのため包茎手術をすれば治るというのは何となく理にかなっているように思うかもしれませんが、実はそうした根拠は全くないのです。
そもそも手術で包茎が治ったからと言って亀頭の感度が鈍くなるわけではなく、皮が剝けるだけで敏感な状態のままです。

包茎の人は亀頭が皮に覆われていて敏感なので早漏になりやすいと言われていますが、包茎でもそうでない人は沢山います。
日本人男性の約7割が仮性包茎であるという事実を考慮すると、包茎と早漏には因果関係はないと言わざるを得ません。
包茎と感度は別問題で、亀頭の敏感さを治すには手術後に亀頭を鍛えるトレーニングが必要です。
要するに手術を受ける必要はなく最初から亀頭トレーニングをすればよく、わざわざ包茎手術をする意味はありません。

包茎手術で早漏が治るというのは何の根拠もないことが理解頂けたと思いますが、それだけではなく手術にはリスクがあることを認識しておくべきです。
手術をすると早漏が治るどころか悪化するリスクがあり、場合によってはますますひどくなるケースもあります。
なぜなら今まで皮に守られていた亀頭が露出することでダイレクトに刺激を受けてしまい、結果的に早漏が酷くなってしまうのです。
真性包茎やカントン包茎の人は特にこうした症状が起こりやすいので、気をつけましょう。
実際に包茎手術での失敗例は多く、早漏を改善する効果がないばかりか傷跡が残ったり、ツートンカラーになったり、誤って裏筋を切除されたという例もあります。
手術をしなくても早漏を治す方法はあるので、安易に包茎手術には手を出さないことですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP