家族葬儀と一般葬儀の違い

Pocket

故人との最期のお別れの場となるお葬式。
お葬式にも様々なスタイルがありますが、今回は一般葬儀と家族葬儀について、ご紹介したいと思います。
まず一般葬儀とは、家族や親戚だけでなく、会社関係者や近所の人など、故人と生前に関わりのあった人たちに参列してもらう、伝統的なお葬式のスタイルです。

一方、家族葬儀とは家族や親族、親しい知人だけで行われる葬儀のスタイルです。
故人と家族が主体となり心温かく行う葬儀で、近年では人気の葬儀スタイルとなっています。
それでは、一般葬儀と家族葬儀の違いとはなんでしょうか。
まずは、会社関係者や近所の人たちに声をかける必要がなく、事前準備におわれることがありません。
また葬儀の時にも参列者へ気を遣うことなく、家族でゆっくりと最期のお別れをすることができます。
また、華やかで高額な葬儀と違いシンプルな葬儀なので、費用は一般葬儀よりもかなり安くなるのが特徴です。
形式的な違いとしては、家族がメインの葬儀なので、香典を辞退するケースが多く見られます。
身内だけなので会葬礼状も必要ありません。
葬儀は高額なものが素晴らしいというのではなく、規模は小さくても故人を思う家族の温かい心が伝わってくるのが家族葬儀なのです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP