【浮気調査】浮気を繰り返す人の特徴

Pocket

浮気を繰り返す人とそうでない人とでは、ハッキリとした違いがあることが判明しており、遺伝による影響が大きいこともわかっています。
DVやモラハラ(モラルハラスメント)被害は泣き寝入りせずに証拠を集めて!
このような人の特徴を知ることは、浮気調査を依頼する際の参考にもなります。
男性の場合は本能的に子孫を残したいという心理が働くため、女性に比べ浮気や不倫をすることが当然のように言われてきましたが、実際は男性と女性の脳に大きな違いは無く、浮気や不倫をする男性よりも、しない男性の割合の方が圧倒的に多いのが現実です。

既婚女性に限定すると、子供の数が多いほど不倫の割合が多く、セックスレス夫婦ほど不倫する割合が少ないという調査結果があります。
脳科学者によれば、子供が多い夫婦の場合は離婚した時の養育費の問題があり、男性が離婚を考えにくく女性はそれを理解しているためと推測されています。女性は50歳を超える頃に閉経するため、相対的に男性ホルモンの割合が増えることも原因として指摘しました。
性格的な特徴としては、一人の異性では満足できなかったり、不特定多数の異性と交流したいと考えている人に多くなっています。
成人する頃には脳の成長が止まるため、一度でも浮気や不倫をした人は、一生繰り返すことになります。
人間には多くの異性と交流したいタイプと、一人の異性のみ愛するタイプの2種類存在しますが、同じようなタイプの人に惹かれる傾向があるとともに、子供に遺伝することも明らかになりつつあります。
浮気しやすい人は、セロトニンの分泌が少ないという傾向もあります。
セロトニンは感情を抑える働きのある物質で、通常は衝動が起きても抑えることができますが、分泌量が少ないために浮気したいという気持ちを抑えることができなくなることは、医学的にも証明されています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP