花粉対策でIgE抗体を発生させない方法

Pocket

花粉症に悩む人にとっては暖かい春の訪れもなんだか憂鬱に感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
花粉症というものは花粉に対してアレルギー反応を起こしてしまう症状のことですが、これは花粉が目や鼻、口などから入り込んでしまったり、肌に触れることによってlgE抗体が作られてしまうことが原因です。
花粉症の方はこのlgE抗体が体内で作られるのを抑制することができないために、それを排出しようとする際にいろんな症状が出てしまうのです。

では花粉対策でこのlgE抗体を発生させないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。
方法はやはり花粉を肌に触れたり体内に入れないようにすることです。
サングラスを身につけるマスクを装着する、帽子をかぶるなども良いでしょう。
最近は服についた花粉などを落とすことができるグッズも販売されていますし、洗剤もそういうものをつかないようにできるものがありますので、それらを活用するのはオススメです。
また洗濯物を外干しではなく室内で干すようにするだけでも違います。
マスクは今はいろんなものが出ていますから鼻の形にフィットするものを選ぶことで隙間から入ってくるのをガードできます。
部屋の中であれば空気清浄機を使うのも良いでしょう。

花粉症は今のところ完治できる治療法がなく、対症療法のみとなっていますから自分で工夫をして悪化しないようにするしかありません。
耳鼻科では花粉症対策として注射などもありますから、早めに受けておくのも良いです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP